成功者は子供の英才教育
成功者は子供の英才教育
ホーム > ロゴタイプ > ロゴタイプなどについて

ロゴタイプなどについて

勉強をしました。文字の形には、速く勢いのある字、ゆったりと字と字の間を開けて書かれた字、逆に詰まった字、斜めに傾いている字、線の太い字、線の細い字などさまざまな形が見られます。こうした要素の組み合わせによって、字はいろいろな表情を見せます。そして、この表情の違いはロゴタイプデザインのおもしろいアイディアとなります。いろいろな筆記用具と筆写材料を使い、いろいろな形の字で自分の名前をいくつか書いてみましょう。そして、そのなかから気に入った字を選び、自分の名前を構成してみましょう。印刷物やコンピュータなどで使用されている活字の代表的な書体として、明朝体とゴシック体があります。明朝体は、線にウロコのような形がついており、また縦棒が横棒に比べて太くデザインされています。書籍などでたいへん多く使われており、わたしたちがもっともよく目にする書体です。ゴシック体は、明朝体の線についているウロコのような形がなく、線の幅も縦線横線が同じ太さに見えるようにデザインされています。主に見出しやサインなど、ディスプレー用にデザインされた文字です。さらに、明朝体においてもゴシック体においても、それぞれのグループのなかで、いろいろな種類の書体が数多く存在します。

市販頭痛薬おすすめ