成功者は子供の英才教育
成功者は子供の英才教育
ホーム > 食の安全 > 無農薬野菜の安全性について

無農薬野菜の安全性について

無農薬野菜と聞けば安心感もありますが、その一方で危ないという話もときおり聞こえてきます。

 

一般的には農薬を基準量より多く使用する野菜は危険性が高く、特に海外から輸入される野菜は高い確率で農薬が多く付着しているということもあります。

 

そうしたことから無農薬や減農薬などと記載されている野菜を選んで購入するという方は多いのですが、にもかかわらず無農薬野菜が危ないというのはどのような理由があるのでしょうか?

 

実は野菜を含む植物の多くは、自身の葉や茎などに病原菌や害虫がついた場合に、自身の体を守るために有害な物質を分泌するということがあるのです。

 

これは生物であれば正常な反応で、人間の場合には病原菌が体内に入り込むと白血球などをはじめ様々な物質が病原菌を攻撃し取り除いてくれるのですが、似たような働きが植物にもあるのです。

 

より詳しくご紹介すると植物は自身の体を蝕む外敵に接すると生体防御たんぱく質を分泌することで体を守るのですが、無農薬野菜の場合は農薬を使わないがゆえに外敵にさらされやすく、人は野菜と共に生体防御たんぱく質を摂取するとアレルギー症状を引き起こすことになるのです。

 

こうした理由により無農薬野菜は危ないという話になるのですが、一方で農薬を使用した野菜にも少なからぬ影響があるわけですから、一方的に無農薬が危険というわけではないといえます。

 

野菜を購入する際には減農薬野菜などの種類もありますので、それぞれの好みで様々買い物をすることができます。子供の青汁人気ランキングこちら