成功者は子供の英才教育
成功者は子供の英才教育
ホーム > 育児 > 兄弟ゲンカでイライラしないために

兄弟ゲンカでイライラしないために

 

兄弟が何人かいると賑やかで毎日飽きないものです。

 

でも、一方では兄弟同士のケンカは悩みの種になることも・・・

 

親としては、 毎日同じようなことでケンカばかりしていると、イライラして怒鳴り散らしたくもなりますよね。

 

誰それがゲームを取った、誰それが悪口を言った、誰それにあげたでしょ、自分にも頂戴。

 

単純といえば単純な争いなんですが、毎日飽きもせず同じ兄弟同士が同じいがみあいをする。

 

親の愛情を奪い合うかのように、どちらがより愛されているのかを確かめるかのようにも映るときがあります。

 

こんな兄弟ゲンカには親としては裁判官のようにならないほうがいいでしょう。

 

この場合は誰それが正しい。 あの場合は誰それが正しい。

 

そのように白黒をつけてしまうと、一方には優越感を与えてしまい、もう一方には深い自信の喪失を味あわせてしまうかもしれません。

 

兄弟同士にはケンカはつきもの。

 

そこで意見の違う人とうまく付き合っていく方法を身につけさせるのが子育てというものではないでしょうか。

 

たとえば、「自分が正しいと思うときでも相手に譲れる人が本当に強くて偉い人なのよ」と教えてあげられるかもしれません。

 

自分の場合を考えてみても、このような子供のころの親の言葉というのは結構大人になっても覚えているものです。

 

そして、社会に出てからも様々な場面で親の教えが自分の考え方を正すのに役立っている面があります。

 

兄弟ゲンカは裁いてしまうと、子供もイライラしてしまいイライラのスパイラルは拡大してしまいます。

 

親としては「子供に大切なことを教える貴重な機会」と考えて対応すれば、自分のイライラもなくなり、子供にとっては財産となる学びが得られるかも知れません。子供の受験サプリメントで合格!